医療レーザー脱毛の種類を紹介!それぞれの特徴と注意点をチェックしよう

美容クリニックで利用できる医療レーザー脱毛はどれも同じではありません。実はレーザーの違いによっていくつかの種類が存在しているのです。

今回は医療レーザー脱毛の種類について見ていこうと思います。

レーザー脱毛機の特徴

ダイオードレーザー

FDA(米国厚生省食品医療局)において、永久脱毛の効果があると認可されている医療レーザー脱毛で、日本国内でもダイオードレーザーの脱毛機器を導入している美容クリニックは数多くあります。

レーザーを直接肌に照射していきます。照射されたレーザーは皮膚の表面を通過して毛母細胞のみにダメージを与えることで脱毛を実現します。

他の医療レーザー脱毛との違いとしては短時間で効率よくレーザーを照射することができるという点が大きな特徴です。痛みもそれほど強くないのも利用者には嬉しいメリットです。

ダイオードレーザーを活用した脱毛機器がライトシェア・デュエットです。世界で初めてFDAから永久脱毛器と認可されたことで知られています。

施術時の痛みが少ないのが一番の特徴となっています。YAGレーザー同様に毛のメラニンのみを識別して照射してくれるので、レーザーの出力が弱くてもしっかりと脱毛することができます。

アレキサンドライトレーザー

冷却ガスや冷却風を活用しながらレーザーを照射する方法が採用されています。施術中は皮膚を冷やしながらレーザーを照射していくので、痛みが緩和できます。

ジェルを塗布する必要も無いのでアレルギーの心配もありません。

また、メラニン色素に反応するということで、脱毛だけでなくシミやソバカスなどの除去施術でも活用されています。

デメリットしては産毛などには反応がし難いという点が挙げられます。

アレキサンドライトレーザーは品川美容外科やフェミークリニックで採用されています。

YAGレーザー

一般的なレーザーはメラニンに反応するため、日焼けした皮膚には利用できないのですが、YAGレーザーなら毛のメラニンのみに反応するという特性があるため、日焼けをした肌でも効果的に脱毛をすることができます。

また、一度に照射する範囲が広いので施術時間が大幅に短縮するというメリットもあります。

国内で使用されている医療レーザー脱毛の中でも波長が長く、肌の奥深くまで浸透していきます。

そのため、太くてしっかりとした毛が生えやすいIラインやVラインの施術に適したレーザーだと言われています。

デメリットとしては、他の医療レーザー脱毛よりも脱毛効果がやや低く、脱毛後のムダ毛の再生確率が少し高いと言われている点です。

もう一つのデメリットは麻酔クリームが効きにくいという点です。麻酔クリームは肌の表面付近にしか効果がないため、肌の奥まで届くYAGレーザーでは痛みを抑えにくくなっています。

G-MAX

アレキサンドライトレーザーとYAGレーザーを組み合わせた脱毛機器です。別名「ジェントルマックス」とも言います。

つまり、利用者の肌質や毛質、脱毛箇所に合わせてより適したレーザーを選択して施術を受けることができる特徴があります。

YAGレーザーの特徴を活かして色黒や日焼けをしている人でも脱毛ができたり、硬い毛やデリケートな肌の方でも問題なく施術を受けることができます。

痛みに弱いという方や柔らかい毛を対象にして施術を受けたい場合はアレキサンドライトレーザーを選択することなどが可能になります。

まとめ

上述しているように、医療レーザー脱毛にはさまざまな種類が存在しています。

もしあなたが施術を検討しているのであれば、施術を受ける箇所やあなたの毛質・肌質などから適切な医療レーザー脱毛を選択するようにしましょう。

しかし、初めて脱毛をする場合は適切な判断をするのは難しいと思います。そんな時はまずは美容クリニックの無料カウンセリングを利用してみて下さい。

担当の医師があなたの肌質や毛質を確認してその美容クリニックが用意している脱毛機器を使用しても問題が無いかを診断してくれます。

美容クリニックということで強引な勧誘を受けることは一切無く、医療の専門家として適切なアドバイスをしてくれます。

気になる美容クリニックを見つけて無料カウンセリングを受けてみましょう!