脱毛初心者必見!医療レーザー脱毛と光脱毛の違いを教えて!

美容脱毛をしようと考えている際にまず最初に悩んでしまうのが、医療レーザー脱毛にするのか、それとも光脱毛にするのかということだと思います。

どちらもムダ毛を脱毛する施術なのですが、それぞれに特徴が存在します。

脱毛施術を受けたことがない場合は医療レーザー脱毛と光脱毛の違いが分からないケースが大半です。

せっかく高いお金を支払って脱毛をするのですから後悔はしたくないですよね?

そこでこのページでは、これらの2つの脱毛方法について詳しく解説していこうと思います。

レーザー脱毛と光脱毛の違い

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛とは、アレキサンドライトやダイオードレーザーなどを使用する脱毛方法です。美容クリニックなどで実施できる脱毛施術の大半が医療レーザー脱毛を採用しています。

脱毛施術が受けられる有名な美容クリニックとしては、湘南美容外科クリニックや高須クリニック、城本クリニックなどが挙げられます。

光脱毛よりも照射パワーが強いため、医療機関でのみ取り扱うことが許可されています。

非常に脱毛効果が高いというメリットがあります。そのため、永久脱毛を希望する場合は医療レーザー脱毛を利用することをお勧めします。

その反面、照射パワーが強いということで肌へのダメージも大きくなり、施術中の痛みが強いというデメリットがあります。痛みに弱い方には麻酔なども利用できるように配慮されています。

また、施術後に赤みや腫れなどの肌トラブルが起こるケースもあります。そのような肌トラブルに対しては常駐しているドクターや看護師が迅速に対応してくれます。

その他のデメリットとしては料金が高額に設定されている点です。医療レーザー脱毛の施術を受けようと考えているならある程度の予算が必要となります。

光脱毛

光脱毛とは、IPL脱毛やプラズマ脱毛などと呼ばれている脱毛方法です。一般的にミュゼプラチナムや脱毛ラボ、脱毛サロン、エステティックTBCなどの脱毛サロンで実施されている脱毛のことを指します。

光脱毛は医療レーザー脱毛よりも照射パワーが少ないので脱毛効果はそれほど高くはありません。

しかし、照射パワーが弱いということで肌へのダメージが少なくなり、施術中の痛みはほとんど感じることはありません(※施術を受ける箇所などで痛みを感じる個人差はあります)

また、医療レーザー脱毛よりも照射パワーが少ないため、脱毛効果は低くなります。

その結果、施術回数が多くなるというデメリットが挙げられます。

医療レーザー脱毛では大体2ヶ月おきに5~8回程度の施術で終了しますが、光脱毛の場合は2ヶ月おきに10~15回くらい施術を受ける必要があります。(※施術箇所や体質などによって回数は異なります)

また、脱毛が完了しても、5年くらい経過すると、また毛が生えてくることもあります。

まとめ

上述しているように、医療レーザー脱毛と光脱毛にはそれぞれメリットとデメリットがあり、一方的にどちらが良いとは言い切れません。

まずはあなたが美容脱毛を実施する目的を明確にすることが大切となります。

例えば、あなたが徹底的に脱毛をして永久脱毛を目指すのであれば、医療レーザー脱毛を申し込むことをお薦めします。

また、経済的にあまり余裕がない場合や痛みを少なくして気軽に脱毛をしたいのであれば、脱毛サロンで光脱毛を申し込む方が適しています。

あなたの財布と脱毛施術を受ける目的を明確にして後悔しない脱毛をしてください。

大半の美容クリニックや脱毛サロンでは無料のカウンセリングを実施しているので、気軽に申し込んで担当のカウンセラーの方に相談するのも良い方法だと思います。