ワックス脱毛におけるメリットとデメリットとは・・・?

VIOゾーンなどのデリケートな部分も簡単に手入れができるというメリットがあるワックス脱毛は、全世界で愛用されています。

デリケートな部分の脱毛の中で最も衛生面に対して配慮されており、アンダーヘアの形に対して工夫を凝らすことも可能です。

例えば魅力的なアンダーヘアのスタイルや、生理中に血液がヘアに付着しないようにするなど、形に対して創意工夫を凝らすことができます。

永久脱毛ではないので形を整えるだけでも問題ありませんし、夏にはムダ毛の処理を行って水着や下着からデリケートゾーンのヘアが見えないように対処できるため、多くの女性から支持を得ています。

ワックス脱毛

リーズナブルな料金で施術が行える

さらにメリットとしてはリーズナブルなことが挙げられます。永久脱毛や家庭用脱毛器では処理を行うために、高額な費用がかかってしまうことも少なくありません。

しかしワックス脱毛なら短時間で済ませられるばかりではなく、リーズナブルな価格で全身の脱毛を済ませることも可能です。

全身をワックス脱毛する女性もいます

ワックス脱毛はアンダーヘアに対してのイメージが強いですが、意外にも全身脱毛にも使用できます。

例えば背中の産毛や手の甲の産毛などを処理するために、ワックスを利用している人も少なくありません。

ワックスを使用して全身脱毛を実施する際のメリットとしては全身に利用しても毛根に負担をかけずに脱毛できる事、さらに抜いた後の処理も手軽にできる事です。

ワックス脱毛専門店で実施した場合には、アフターケアや前後の対応がしっかりしているところが少なくありません。適切なアフターケアによってムダ毛が生えていた以前よりもきれいな肌になれることが多いです。

ワックス脱毛のデメリット

対してデメリットは施術中に痛みが伴うことです。ワックスをつけて一気に引き剥がすのですが、部位や体質、剥がし方などによって涙が出るほど痛いケースがあります。

サロンなどで行われる場合、施術を行う人によって激しく痛む処理です。ただ、続けていくうちに慣れるという声も少なくありません。

また、処理を行うときに痛みを伴うほど毛を無理やり引っ張って脱毛するため、毛穴が開いてしまいます。時と場合によっては開いてしまったまま戻らなくなってしまうリスクもあるのです。

もちろんエステサロンなどで施術を受ける場合は、アフターケアをしっかり行うことで、毛穴がきれいになることも挙げられています。

ただ、ひどい場合には医療機関で処置を施す必要があるケースも考えられるため、毛穴に対して事前に確認しておくことが重要です。

一定の長さまで伸びないとワックス脱毛はできません

それ以外のデメリットとしては、処理を行うためにはある程度長さが必要となるため、一定の長さになるまでムダ毛を伸ばしておかなければならず、その間見た目では少し気持ち悪いことになります・・・(汗)

処理を行うときにはどうしてもムダ毛を伸ばす時間が必要となることも少なくありませんので、脱毛サロンなどで施術を行うようにきれいな見た目のままで処理が難しいのは明らかなデメリットと言えます。

今回紹介したメリットとデメリットの両面を考慮して、ワックス脱毛を実施するかどうかを決めて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です