施術を申し込む前に医療レーザー脱毛のトラブルや副作用を確認しよう!

永久脱毛が期待出来る施術方法として、医療レーザー脱毛は非常に人気がありますが、その反面、副作用やトラブル事例も発生しています。

医療レーザー脱毛を実施した際に注意しなければいけない副作用やトラブル事例を紹介します。これから脱毛施術を申し込もうと考えている場合はぜひ参考にしてください。

肌トラブル

レーザーによる火傷

脱毛施術を受けた後によくあるトラブルの一つが火傷です。医療レーザー脱毛は非常に効果があるのは断言できるのですが、照射パワーが強いということで肌へのダメージも大きくなります。

そのため、レーザーの照射による火傷を引き起こす恐れがあります。

しかし、最近では火傷の相談はあまり聞かれなくなってきています。それは医療レーザー脱毛の施術を受ける方々が増えてきたことによって施術方法が確立されてきたことも影響しています。

また、施術者のスキルもアップしていることも火傷が減ってきている要因の一つと考えられます。

さらには本格的な施術に移る前にテスト照射(パッチテスト)を実施してお肌に問題が起こるかどうかを確認するクリニックが増えてきたことも火傷が減ってきた要因と言えます。

レーザーの打ち漏れ

施術中のレーザーの打ち漏れに関しても脱毛トラブルとしては多いです。打ち漏れとは、施術者の人的ミスによってレーザーを照射しなければいけない箇所に照射していない状態のことを意味します。

施術を受けた直後から毛が抜け落ちることはなく、大体2~3週間後から抜け落ちる仕組みになっています。

つまり、施術直後には打ち漏れをしているかどうかの判断は付かないんですね・・・(汗)

打ち漏れをしていると、一定の箇所のみ毛が抜け落ちないことになり、不自然な毛の残り方をするので誰の目からみても判断することができます。

ニキビ

施術後にニキビができることもあります。ニキビができるのは、レーザーを照射することでお肌のバリア機能が失われるためです。

ニキビが発生しやすい部位としては、顔周りやうなじ、二の腕で、これらの部位を施術する際には十分に気を付けて下さい。

特に日頃からニキビが出来やすい体質の場合は注意する必要があります。ニキビの場合は症状が出ても2~3週間で治ることが多いですが、引っ掻いたりすると跡が残ることもあります。

施術後の注意点

こちらはトラブルとまでは言わないですが、施術後にしっかりと注意しなければ肌トラブルや副作用を引き起こす可能性が高いものを紹介します。

まずはレーザー脱毛の施術を受けた後は施術箇所に刺激を与えないようにする必要があり、なるべく冷やすようにしてください。

施術後の肌は非常にデリケートになっているので、施術箇所に刺激を与えてしまうと、炎症やかゆみを引き起こす恐れがあります。

施術直後に保冷剤などで肌を冷ますのは、肌の温度を抑えてかゆみや赤みを取り除くために実施されます。

例えば、お風呂に浸かったり、サウナなどを利用するのは控えましょう。汗をかいている場合は軽いシャワーのみにしてください。

また、日焼けをしないように長袖を着たり日傘を差したりすることをお薦めします。施術した部位に紫外線を浴びるとシミになってしまう恐れがあります。

まとめ

医療レーザー脱毛は非常に脱毛効果の高い施術方法ですが、脱毛効果が高いということの裏返しでトラブルや副作用を引き起こす可能性も少なからず存在します。

そのため、事前のカウンセリングにおいてしっかりと脱毛施術のトラブルや副作用に関して説明してくれる美容クリニックを選択するようにしましょう。

また、万が一、施術後にトラブルや副作用が発生した場合に、どのように対処してくれるのかも確認してから、心から納得してから施術の申し込みをするようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です