ムダ毛の自己処理方法はどの方法がおすすめなの?

ムダ毛の自己処理方法については、剃る、抜く、焼き切る、薬剤を使用するといった自己処理方法が挙げられます。

中でも「カミソリで剃る」というのが最も簡単な処理方法なのですが、その反面、肌へのダメージも非常に大きい方法でもあります。

同じ剃るのでも、電気シェーバーを使用した場合には、肌への負担は少ないのですが、カミソリのようには深剃りはできず、仕上がりがキレイではないというデメリットがあります。

そのため、毛の処理が甘いので、電気シェーバーの場合には、処理頻度が多くなってしまいます。

ムダ毛の自己処理

ワックスや脱毛テープを使用する方法

ムダ毛を抜くという自己処理方法では、毛抜きを使う女性が多いのですが、剃るよりも脱毛の持続効果はあるものの、毛穴へのダメージは大きくなります。

ワックスや脱毛テープを使用した場合には、一度に広範囲の毛を処理することができる反面、毛穴だけではなく皮膚へのダメージも大きいというデメリットがあります。

根元からムダ毛をひっこ抜くので、毛自体は数週間生えてきません。また、生えてきた毛は毛先が細くしなやかですので、剃った時のように生えてきた毛がチクチクしにくいという特徴があります。

毛を抜くことで埋没毛になりやすい

毛を抜くという方法は、いずれの場合にも毛穴へのダメージが大きく、毛を抜いた毛穴が炎症を起したり、毛穴が黒ずんでポツポツと目立ってしまったり、埋没毛(埋もれ毛)ができやすくなったりします。

抜くという自己処理を繰り返していると、毛穴がどんどん汚くなっていき、一度汚くなった毛穴を改善させるのは非常に困難です。

たとえムダ毛がなくなっても、見た目がキレイではありませんので、あまりお薦めできない脱毛方法となります。

その他の自己処理方法

そのほか、毛を電気で熱したワイヤーで焼き切る自己処理法は、熱線が直接肌に触れない構造にはなっていますが、使い方を誤ると火傷をしてしまいます。

また、毛を焼く時に独特のニオイがします。

次に、薬剤での処理については、薬剤で毛を溶かすという方法なのですが、継続して使用するにはコストがかかってしまいます。

敏感肌の人には薬剤は刺激が強すぎるので不向きですし、デリケートな部分へは使用することができません。

肌ダメージを抑える工夫をしよう

結局、どのムダ毛の自己処理方法についても、メリットとデメリットがあり、一長一短となります。

広範囲を手早く処理したい、お金をかけずに処理したいというのであれば、カミソリよりも安全性が高い電気シェーバーをお薦めします。

ただし、なるべく肌へのダメージを少なくするために、シェービングクリームや保湿クリームは必須となります。

また、入浴時に身体を洗ったついでに、その泡で剃るという行為は絶対にしてはいけません。

浴室は雑菌も多いので、剃った箇所が炎症を起こすリスクが高くなります。炎症を起こすと間違いなく肌の美しさは失われてしまいます。

そのため、リスクをできる限り少なくするために、金銭的に余裕がある場合は脱毛サロンや美容クリニックなどでムダ毛処理をすることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です