家庭用の脱毛器とお店で施術を受けるのはどっちがお薦めなの?

脱毛を実施する方法としては美容クリニックや脱毛サロンで実施する方法と自宅で自分の手で実施する方法があります。

自宅で実施する際によく利用されているのが家庭用の脱毛器です。

家庭用の脱毛器には、基本的にレーザー方式とフラッシュ方式、サーミコン方式の3種類が存在します。

レーザー方式

レーザーを使用した家庭用脱毛器で有名なのが「トリア」です。現在では4Xとプレシジョンの2種類がラインナップされています。

照射パワーの強いレーザーを使用しているため、痛みを感じやすく冷やしながら使用していくことになります。

美容クリニックで使用する医療レーザー脱毛機器とは異なり、照射範囲が狭いので時間がかかるというデメリットがあります。

フラッシュ方式

脱毛サロンで採用されているフラッシュを利用した家庭用脱毛器で有名なのがケノンです。株式会社エムロックから発売されています。

トリアと比較すると、照射範囲が広くして短い時間で実施できるというメリットがありますが、その反面、脱毛効果に関してはレーザーを利用したトリアの方が期待出来ます。

サーミコン方式

熱線(サーミコン)による熱エネルギーを活用して脱毛ができる家庭用脱毛器です。熱エネルギーがムダ毛に浸透して接触部分がカットされることで処理されます。

上記のレーザー方式やフラッシュ方式とは異なり、脱毛というよりは除毛に近い方法となっています。

サーミコン方式を採用している家庭用脱毛器としてはノーノーヘアが挙げられます。

家庭用脱毛器のメリット・デメリット

メリット

家庭用の脱毛器は自宅で簡単に脱毛ができるという点が一番の特徴です。

費用に関しても美容クリニックや脱毛サロンに通うよりも2分の1以下で実施できます。

デメリット

しかし、メリットと同時にデメリットも存在します。例えば、背中やうなじなどの目で見えなくて手の届かない箇所に脱毛は難しいですね。

また、施術の素人であなたが脱毛をするということでトラブルが起こる可能性が高くなります。

もちろん家庭用なので照射パワーを抑えて開発されている脱毛器が多いですが、万が一、施術後に赤みや腫れ、火傷などが起こることも考えられます。

特にレーザーを使用する家庭用脱毛器は痛みを伴います。

永久脱毛を目指すなら・・・

徹底的に脱毛をして、永久脱毛を実現したいのであれば、自分自身でお手入れをするのではなく、医療機関である美容クリニックで専門知識を持ったドクターの元で脱毛施術を受けることをお薦めします。

金銭的には負担が大きくなりますが、安全に永久脱毛を実現するなら美容クリニックで施術を受けるのが一番です。

専門知識とスキルを習得したドクターや看護士が施術を担当してくれるので安心です。

また、万が一トラブルに見舞われた時でも医療機関で施術を受けているので迅速に対応してもらえ、トラブルを最小限に抑えてくれます。

永久脱毛をするために、家庭用脱毛器か、あるいは美容クリニックのとちらかで悩んでいるのであれば、美容クリニックで安全に脱毛をすることをお薦めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です